G-STYLE Presents お客様の大切な日を素敵な時間に

【G-SHOCK】初号機の系譜を受け継ぐ「5000」シリーズ初のフルメタル“G-SHOCK” 4/13発売


GMW-B5000シリーズデビュー(4/13)


カシオから、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”の新製品として、スクエア型の「5000」シリーズ初のフルメタル仕様モデル『GMW-B5000』(2モデル)が4月13日に発売されます。

1983年に発売された“G-SHOCK”の初代モデル「DW-5000C」。以来、そのスクエア型の系譜を受け継ぐ「5000」シリーズは“G-SHOCK”を象徴するモデルとして多くの皆さまに愛されてきました。

今回発売される『GMW-B5000D-1JF』は、初代モデルのDNAを受け継ぎつつ、素材、構造、機能のあらゆる面で進化を遂げたモデルです。ケース、ベゼル、バンドといった外装素材には、全てステンレススチールを採用。ステンレス製のケースとベゼルの間に、耐久性に優れた樹脂素材であるファインレジンを挟むことで衝撃を吸収するという、新たな耐衝撃構造を用いています。

機能面では、スマートフォンを介してタイムサーバーに接続する「Connectedエンジン」を搭載しており、標準電波受信機能と合わせ、世界中どこでも正確な時刻情報を取得することが可能です。スマートフォンアプリ「G-SHOCK Connected」との連携により、アプリ上で操作方法が確認できたり、ワールドタイムやアラームなどの設定もアプリ上で簡単に行うことができます。

“G-SHOCK”35周年記念モデルである『GMW-B5000TFG-9JR』は、ゴールドIPを施し、裏蓋には35周年記念ロゴを刻印。周年ロゴを配したスペシャルパッケージも用意し、特別感あふれるモデルに仕上がっています。

●G-SHOCK.jp  https://g-shock.jp/special/gmw-b5000/

新製品発表会で見てきました!


この実物を実際に3/7.8で開催された新製品発表会で見てきました。

写真の見るのと同じで、おそらくG-SHOCKを知っているほとんどの方が「かっこいい!」っていう表現を使うかな、と思いました。本当にまずは見た目がカッコいい。これはG-SHOCK伝統のスクエアフェイスが持つ造形美があるのだと思います。その造形美がメタルケースになったことで、より強調された感じがします。「すごく、かっこいい!」と思います。

また、今のスクエアフェイスの5600シリーズって、ベゼルに前面に立体感が作られているんですね。上部と下部が若干盛り上がっているんです。ところが、G-SHOCKの本当の初号機DW-5000C-1Bはフラットなんです。今回のGMW-B5000Dは、そこも忠実に再現してくれています。フラットなんですねぇ~。この細かいこだわりが、ファンにはたまりません(笑)

しかも裏蓋はスクリューバックなので、品番も5600ではなく5000。これもいいですね。

そして、何気なくBluetoothでスマホと繋がる最新のConnectedエンジンを搭載しています。これも前面に押し出さずに何気なく、さりげなく、Bluetooth搭載ってのが、いいじゃないですか!

G-SHOCKで一番最初にフルメタル化されたのが、1996年発売のMRGの初号機(MRG-100-7やMRG-110-7など)で定価が40,000円だったのを考えると、今回のGMW-B5000D-1JFが定価60,000円(税別)というのは決して高くなくて、安いのではないか!とも思いました。22年の時を経て、G-SHOCKもメチャクチャ進化しているんだなと感じます。

いずれにしても、発売日が待ち遠しい新製品となったのは間違いありません。

 

G-STYLE各店のご案内

G-STYLE 谷山店
TEL 099-266-3945
営業時間 10:00-21:00

店舗詳細 〉〉〉

G-STYLE 与次郎店
TEL 099-255-7244
営業時間 9:00-20:00

店舗詳細 〉〉〉

G-STYLE 鹿屋店
TEL 0994-41-0877
営業時間 10:00-20:00

店舗詳細 〉〉〉

G-STYLE 姶良店
TEL 0995-65-1140
営業時間 10:00-20:00

店舗詳細 〉〉〉

アドベンチャークラブ 伊敷店
TEL 099-220-8923
営業時間 9:00-20:00

店舗詳細 〉〉〉